Web担当のHです。

 

9/1(日)は、定期演奏会第1部メイン曲予定の 伊藤康英氏作曲、吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」 を中心に練習しました。

1278313_10202031563337099_133530603_n

「ぐるりよざ」・・・曲名は知っていたのですが、 意味や曲の背景は全然知らなくて、

「純和風」な曲かと思ってました冷や汗 (顔)(笑)

Wikipediaより

「作曲者は、鎖国時代の長崎の隠れキリシタンの文化に着想を得て、彼らによって歌い継がれた音楽を使って曲を作成した。また委嘱者の注文を踏まえ、第2楽章に龍笛を使った。題名の「ぐるりよざ」は、長崎生月島に伝わるキリスト教の聖歌Gloriosaが訛った言葉である。」

隠れキリシタンが背景の曲で、

聖歌の「Gloriosa」(グロリオーザ)が訛って「ぐるりよざ」なのですね!

なんてステキなの!!目がハート (顔)

歴史大好きな私としては、これを知って火が付きました!爆弾

まあ、調べるわ調べるわ。「オタク」なんです、ワタクシ(笑)

 

 

まず、この曲中にモチーフとして登場する「Gloriosa」は

比較的最近の研究で、カトリックで決してメジャーなものではなく、

スペインの一地方のみで歌われ、伝えられた聖歌だそうです。

そして、それが15~16世紀に日本に伝わり、

なんといっても当時禁止禁止 されていた宗教ですので、

「口伝え」で、何世代にもわたり伝えられ、現在まで至っています。

なんというロマンなのでしょう!!チャペル

これが歴史的な背景ですね。

 

そして、音楽。

第1楽章「祈り」の練習番号[11]に、

「CHACONNE」 という言葉があります。

個人的な解釈なのかもしれませんが、 実はこれが、この楽曲の全編を通して 「キーワード」となっているのですね。

「CHACONNE」=「シャコンヌ」 で、舞踏音楽の形式の一つです。

舞踏なので、3拍子なのですが、 「タ・ターン」、「タ・ターン」・・・。

八分音符と四分音符の繰り返しに特徴があります。

chaconne

「(うん(四分休符))『タ・ターン』、『タ・ターン』」。

少し変奏はされていますが、トランペット、ホルンなどを中心に、

ほぼ全パートにわたって、このモチーフが使われていることにお気づきでしょうか?うれしい顔

 

そして、同じ練習番号に 「religioso」 とありますが、

これは「厳粛に、敬虔に」などという意味です。

「隠れキリシタン」が命をかけて守り抜いた信仰

・・・宗教という枠を超えて、その重みを感じながら演奏できればなあ・・・と思います。

 

そのために、まずは「さらって、さらって、さらいまくる!」。

そして、そこから「手探り」で、シャコンヌや敬虔な雰囲気を出せればいいなぁと思います冷や汗 (顔)

 

定期演奏会では皆さんに、

「長崎、そしてそこから遠くつながったヨーロッパが見える」 演奏をお届けするために、

がんばるぞー\(*⌒0⌒)♪