4月13日(日)吹連主催のバンドフェスティバルに

我々TWHOも参加させていただきました!!

 

その数なんと8人。あれれ?!

もっとうちの団っていたような・・・ (次はぜひ参加を!ぴかぴか (新しい) )

 

今回は3団体合同バンドということで荒川吹奏楽団さん、

東京シティブラスオルケスターさんとともに総勢60名での参加となりました!!

広い練習場もいっぱい!わくわくるんるん (音符)

File1

演奏曲目は、オリンピックファンファーレとヒットソングメドレーの2曲!

ファンファーレは荒吹・山崎氏、メドレーは東ブラ・中島氏による指揮です。

お2人はそろってテューバ奏者!

 

合同練習では、少ない時間の中、基礎合奏を毎回しっかり行いました。

 

・ブレストレーニング(A4用紙を使った)

・半音階でロングトーン

・ハーモニー

・コラール(合唱も) 等

 

大人数でもキレイなサウンドを作る練習をしました!!

 

ついつい楽器の先あたりに音を向けがちですが、指揮者(もっと遠く、ホールならばドアマン)へ、

芯のある音を飛ばすことが、全体のサウンドバランス作りには大切です。

 

音の鳴り・響きも変わります!ひらめき

 

ブレスコントロールについても、単に伸ばすのではなく8拍なら4拍、16拍なら8拍と、

伸ばす音の半分はお腹でグッと支えるという意識をもつことが大事です。

File2

 

そして、ブレスのタイミングを周りと揃えることでハーモニー練習も、

より綺麗に拍の頭から音が重なっていきます。ファンファーレの基礎!ひよこ

 

 

「できるまで続けること!!」

 

熱血ティーチャーのお2人によるご指導は大変勉強になりました。

File3

File4

 

オリンピックファンファーレは、とにかくキラキラした音をイメージすること!!

そして何よりもハーモニー!!オケの弦の弓をひくイメージを持って!!

 

これが出来なきゃファンファーレじゃない!!

 

山崎氏による採点、4分の4は達成できるのか!?

入念にハーモニーチェックが行われました。

File5

メドレーはすべて歌の原曲と同じ編曲構成がされており、どういう風に

歌っているのか、原曲音源をききまくりでした!

 

赤いースイートーピイ~♪

 

聖子ちゃんは歌、めっちゃうまいのなー^^♪

さすがアイドル!ハート

 

音の処理、細かいアーティキレーションの違いを忘れず、

曲の切り替えとテンションの切り替えをしっかりつけること!!

 

あとは、、、何が起きても動揺しないこと!!目

 

本番に向けて全体が盛り上がっていくのが伝わりました芽

File6

 

-つづく-