本日ついに、次回定期演奏会のメイン曲「展覧会の絵」の楽譜が来ました~double exclamation

 

早速、宮下先生のもと初見合奏を行いました。

今日は初見ですし、人数が少なめだったので、音が抜けたりしていましたが、雰囲気はわかりましたわーい (嬉しい顔)

 

 

ムソルグスキー作曲の「展覧会の絵」、もともとはピアノ曲なんですね。

亡くなった友人(ヴィクトル・ハルトマン)の遺作の絵を展覧会で見たときの印象を音楽にしたものだそうですが、いったいどんな絵だったのでしょう?

こちらのページにモチーフとなった絵などが紹介されていましたので見てみると楽しいですよ。目

 

Libraria Musica(ムソルグスキー:展覧会の絵(ラヴェル編曲))

http://www.asahi-net.or.jp/~wg6m-mykw/Library_Mussorgsky_Exhibition.htm

 

曲は10曲の小品とその間に挿入される5つのプロムナードから成り立っていますが、今回の編曲に入っているのは

1. プロムナード

2. 古城

3. バーバ・ヤーガの小屋

4. キエフの大門

の4曲です。

 

聞き覚えのあるメロディーがたくさん出てくる有名どころばかり。

TWHOの展覧会の絵はどのように仕上がるでしょうか?

これから楽しみでするんるん (音符)