みなさまこんにちは。ブログ担当です。

台風も去り、暑い日が続いておりますが、みなさまいかがおすごしでしょうか。

体調に気をつけてお過ごしください。

 

夏のビアガーデン

7月半ば、都内某所にてビアガーデンに行って参りました。

コンクールに向けて頑張ろうdouble exclamation ということで

乾杯!ビール

 

2015-07-13 20.39.44

 

 

2015-07-13 20.39.27

 

遅れてきた団長も迎えて

乾杯!ビール 

いい天気でしたが、雨もふらなく、気持ちのよいビアガーデンが楽しめました。

 

平日開催となり、参加できなかった方もおられるかとは思いますが、心は一つにコンクールへ気持ちを高めていきましょう指でOK

 

集中練習 合宿!

 

代わって、三連休は合宿を行っていました。

普段は講堂を借りてホール練習という予定でしたが・・・

あいにく先約が出てしまったと言うことでげっそり (顔)

合宿開催も危ぶまれましたが、合宿は実施!というはこびになりました。

 

合宿所にて講堂での練習ができない代わりは音楽室にての練習となりました。

部屋の大きさに対して人口密度が高いので空調など注意しながら最終調整を行います。

 

2015-07-19 12.42.32

2015-07-19 12.42.52

 

 

 

二日目夜と、三日目は懸念されいてた講堂でのホール練習ができました!

2015-07-20 13.57.09

 

2015-07-20 13.52.50

 

限られた広さの音楽室とは違い、広い空間に出ると音の響き方、バランスもまた変わります。

より響かせるためにはどうしたらいいのか、さらなる課題が見えてきました。

そして、その課題に対して悩むこと、共有すること。

さらに、こうなりたい!というビジョンを持つこと。

 

パガニーニ

合宿中に先生からパガニーニについて動画を見てほしいというお願いがありました。

パガニーニについて調べてみると・・・

パガニーニがヴァイオリンを弾き始めたのは5歳の頃からで13歳になると学ぶべきものがなくなったといわれ、その頃から自作の練習曲で練習していた。それら練習曲はヴァイオリン演奏の新技法、特殊技法を駆使したものと言われる。

そのヴァイオリン演奏のあまりの上手さに、「パガニーニの演奏技術は、悪魔に魂を売り渡した代償として手に入れたものだ」と噂されたという。そのため彼の出演する演奏会では聴衆は本気で十字を切ったり、本当にパガニーニの足が地に着いているか彼の足元ばかり見ていた観客もいたという。

 

 

via wikipedia ニコロ・パガニーニ

そしてそのパガニーニといえば、映画になっているのですね。

paganini

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニストが絶賛公開中(宣伝じゃないです、宣伝じゃないです。)?

YouTube Preview Image

 

予告編ではありますが、目指している雰囲気雰囲気が伝われば幸いです。