2017年3月12日は東京ウインドハーモニーオーケストラ第17回定期演奏会でした。

会場はこちら

 

小平駅からあるいて3分くらいのルネこだいら。

大きな赤いポストが目印です。

 

立派な立て看板もありがとうございます!

 

こちらは、当日お客様へお配りするパンフレット。

演奏者もお客様へ配布するものと同じものを共有します。

今回は演奏会の選曲より特徴のある曲からトリコロールカラーのパンフレットをデザインしました。

 

開場前にはロビーにてこちらトランペットアンサンブルにてお客様を歓迎です。

 

トランペット7重奏「5star shining/作曲:清水大輔」

でした。

 

その後、開演前には木管打楽器アンサンブルウォルタイム・ライン/編曲:高橋宏樹」でお客様をお迎え。

なんと総勢15人でのアンサンブルでした。

 

第一部

・天国と地獄/作曲:J.オッフェンバック(編曲:鈴木 英史)

・元禄/作曲:櫛田鉄之助

 

「大きなのっぽの古時計」の主題による変奏曲/作曲:H.C.ワーク(編曲:G.ドーティ ・ 名木 良太)

 

ミシシッピ組曲/作曲:F.グローフェ(編曲:森田 一浩)

 

 

休憩時間中にはロビーにてこちら

「ア・イ・シ・テ・ルのサイン/DREAMS COME TRUE(作曲:吉田美和 編曲:堀内貴晃)」

近いですね冷や汗 (顔)

普段ステージでの演奏から考えるとお客様との距離が近く、よりお客様の反応がダイレクトに伝わってきます。

 

ロビーでのフルートアンサンブルが終わったあとはクラリネットアンサンブルにて2部前のお出迎え。

「さくらのうた~FIVE/作曲:福田洋介」

 

 

衣装も新たに2部のはじまりです。

2部はミュージカル特集です。

・「サウンド・オブ・ミュージック」セレクション/作曲:R.ロジャース(編曲:R.R.ベネット)

・ミュージカル「レント」より/作曲:J.ラーソン(編曲:J.ボコック)

今回はミュージカル特集ということで、これを生かした演出をできないか考え、

ミュージカルをフィーチャーし、レントの一部に歌を入れる演出を入れてみました。

 

・「アラジン」セレクション/作曲:A.メンケン(編曲:J.モス)

・ミュージカル「レ・ミゼラブル」/作曲:C.M.シェーンベルク(編曲:森田 一浩)

 

 

そして、アンコールは・・・

あれ?宮下先生、そんな眼鏡でしたっけ・・・?

周りの皆さんも笑っているような・・・?わーい (嬉しい顔)

あ、平匡さん?わーい (嬉しい顔)

 

アンコールは「逃げるは恥だが役に立つ」で踊ってみた動画がたくさんありましたね、「恋/星野源」でした。

※選抜高校野球でも入場行進曲は星野源さんの「恋」が使われたそうですが、アレンジは全然違いましたね冷や汗 (顔)

星野源自体も、インストゥルメンタルバンドSAKEROCKのリーダーとして、主にギターとマリンバを担当しているようで、この曲もマリンバ担当さんは大変そうでした冷や汗2 (顔)

 

平匡さんとみくりさんがたくさんるんるん (音符)

 

客席も立体的に使って恋ダンス!るんるん (音符)

 

宮下先生も一緒に恋ダンス最後の決めポーズにて演奏会締めくくりわーい (嬉しい顔)

 

写真撮影:井上今日子さんでした。ありがとうございました!

 

大勢のお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました!