2014 年のアーカイブ

合奏練習(8/2)

合奏練習
日時:8月2日(土)13:00~21:00
場所:台場区民センター
指導:宮下先生
練習曲:コンクール課題曲、自由曲

ラストスパート!

コンクールまであと一週間double exclamation

7月26日(土)は最後の追い込みホール練習でしたパンチ

 

場所は白井市文化会館。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

と、とおい・・・・。。。ふらふら

(某Tbパートリーダーの家の近くらしいですがたらーっ (汗) )

 

すごく響くホールだったので、ちょっと吹きすぎると音の輪郭が分からなくなってしまいます。

先生からは音量に気を付けて、音の形をはっきりオーバーなくらいに表現するように!という指摘がたくさんありました。

自分ではそれなりに強弱をつけているようでも、客席にはぜんぜん届いていないので、オーバーなくらいでちょうど良いようです。

 

残り少ない練習で先生も気合が入って、この日の練習は当初18時までの予定でしたが、19時過ぎまで延長して行いましたexclamation

 

 

さて、翌日7月27日(日)ももちろん練習です!

ラストスパートですからうれしい顔  今日も暑いですががんばりますあせあせ (飛び散る汗)

 

合奏前に昨日のホール練習での録音をみんなで聴きましたが、課題がまだまだありますね・・・。

宮下先生の合奏では、音の形などなど、細かい指導が続きます。来週までになんとか直したいですがまん顔

 

最後に、来週のコンクール本番へ向けての意気込みを団員のEビナくんに表現してもらいました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本人コメント:トゥーランドーーットdouble exclamation

 

 

あと一週間!それぞれできることをやって、悔いのないように本番に臨みましょうdouble exclamation

 

 

勝利~♪

こんにちは!

梅雨雨 あけましたかねぇ小雨
日差しも夏本番晴れ という感じで、本当に毎日ジリジリしますボケーっとした顔

 

7月に入って風邪をひいてしまいゲホゴホな私ですが、今週末は楽しい合宿があるので、
団員のみなさんは体調管理気を付けましょうげっそり (顔)

 

さてさて、コンクールまであと2週間となりましたっ爆弾

 

2週間爆弾

 

学生の2週間と、社会人の2週間ってぜんぜん違いますものね時計

今週合宿があるとはいえ…

あれもやりたい、これもやらなきゃ、こっちもやっとかなきゃあせあせ (飛び散る汗)

演奏の完成度を高めるには、あまりに時間がなさすぎる~ひぃ~

 

でも、せっかくのコンクールですから、自分たちの演奏する課題曲と自由曲にもっと思い入れを込めたいなぁと思いますdouble exclamation

 

というわけで、課題曲ってどんな曲だったかというと…

 

小林武夫作曲
課題曲Ⅳ コンサートマーチ「青葉の街で」

 

小林武夫さんは、宮城県石巻市出身で、大学のオーケストラでファゴットを吹いていたそうです!
現在は横浜市青葉区在住ということなので、青葉の街というのは横浜の街のことなのでしょうかねグッド (上向き矢印)

全日本吹奏楽連盟会報によると、
コンサートマーチ「青葉の街で」は2011年に朝日作曲賞に応募しようと作曲が進められていた曲だったそうですが、作曲途中に東日本大震災が起こり、作曲を中断。
郷里のことを思うと作曲を進める気になれず、Trioの前まで書かれたこの曲はそのままに。
ようやく改稿にとりかかったのが、震災から約2年後のお正月ということで、そこから3月末の締め切りまでに書き上げた作品なのだそうです!

改稿にあたり、Trio以降は以前考えていたものを破棄し、まったく別のものに仕上げたということで、
「震災の頃の暗い感情や黒い感情を表に出してはならない、この曲を書き始めたころの、普通に存在していた幸福な感情を思い出し、この曲に込めなければならない」
という想いで書き上げた作品なのだそうですよグッド (上向き矢印)

 

この曲を聴いていると、確かに幸福に満ちた感情にあふれたメロディですよねるんるん (音符)
でも、震災で経験したさまざまな感情を経て、ここに込められた感情ですから、
私たちはメロディから感じ取って演奏しないとなんだなぁと思いましたほっとした顔

 

毎回四苦八苦しながら課題曲を演奏している私たちですが、この曲のことももう少しだけ理解する気持ちと、それを表現できる技術を見せられたらいいですねるんるん (音符)

 

そして~
自由曲は。。。

 

ジャコモ・プッチーニ作曲
「トゥーランドット」より

 

トゥーランドットのあらすじは、以前ブログで詳しく書いてあります!
http://twho.daa.jp/blog/2592.html

 

このオペラで有名なのが、今や世界中で誰でも知っている、第3幕のカラフのアリア「誰も寝てはならぬ」です。
勝利への思いとトゥーランドット姫への愛を熱烈に歌い上げる、
テノールのアリアとして最も人気のある曲ですが、もちろんこのメロディも演奏します!

 

フランコ・コレッリのテノール↓
http://www.youtube.com/watch?list=RDpDy9kjCGhIo&v=pDy9kjCGhIo

 

ここで声を大きくして言いたいのですが(笑)

コンクールの曲で、「私の勝ちです!」

って音楽で堂々と言えるなんて、かっこよくないですか?うれしい顔

 

いや~トゥーランドットならではですよね猫2

必殺!「誰も寝てはならぬ!」発動で、できるまで寝ちゃダメって先生に言われないよう、がんばりましょうね~
私だったら言うかもしれん(笑)

 

今週末の合宿、がんばっていきましょううれしい顔

 

コンクールが近付くにつれて…

 

こんにちは。ブログ担当の渡邊です。

 

コンクールに向けての土日練習が始まって2週目となりました。

12日(土)は個人練習、13日(日)は宮下先生の指導の下、分奏、合奏が行われました。

 

13日の練習前には、団内で割り振られている係ごとに話し合いが行われました。

各々が動いているからこそ団が成り立っているのだと、再認識できたような気がします。

これからはもっともっとホームペーやブログも盛り上げていこうと思うので、どうぞよろしくお願いしますわーい (嬉しい顔)

 

13日は、この係会議の前から、個人練習、パート練習をする音も聴こえてきましたねるんるん (音符)

コンクールに向けてわーっと盛り上がっていくこの時期、充実した練習ができて私はとても好きです。

連休には合宿も予定されていて、さらに充実した練習が期待できそうですねグッド (上向き矢印)

 

午後からの練習では、課題曲の合奏、自由曲の分奏が行われました。

2週連続で分奏が行われ、再発見できたこと、より意識しようと思うことが増えたように思います。

最近の分奏、合奏では、ハーモニーやバランスを指摘されることが多いです。

そこで私は何回も注意されたように、「ひいた音で合わせにいかない」ことを意識するようにしています。

まだそれがきちんとできていない私は、これを合宿課題として持って行こうと思います。

みなさんも、何か自分の合宿課題を決めてみるといいかもしれませんね手 (グー)

 

コンクールに向けて、団員一同、盛り上がっていきましょう晴れ

 

 

 

分奏はじめました

7月になって徐々に暑くなってきましたね晴れ

本日の練習は分奏を行いました!

クラリネット・サックスパート、フルート・オーボエパート、トロンボーンパート、ホルン・ユーフォ、打楽器・低音パートに分かれての分奏でした。

それぞれのパートが分奏を行う中、残りのパートは通常通りの合奏を行いましたが、普段はプレイヤーとして演奏している人も前で練習を見てくださり、新鮮な練習となりましたるんるん (音符)

〇全体の合奏ではマーチのをメインに…

CやEの箇所を重点的に練習しTrbや低音が重くなるところでは、テンポを落として16分や休符を感じる練習を徹底的にやりました

なかなか地味ではありますが、きっとこういった地道な練習が一番の近道かもしれません冷や汗 (顔)

〇分奏は普段とは違ってなかなか緊張感のある練習でした眼鏡

かなり細かいところまで合わせたので、普段ちゃんと吹けているところも(もちろん吹けていないところも…)細かく指摘を受けタジタジでしたふらふら

でも、自分たちのパートの音をよりよく聞ける絶好の機会なので新鮮な練習でもありましたぴかぴか (新しい)

今週から合奏を録音して聞くとういう試みも始まりましたがやはり、自分の音、周りの音を客観的に聞くというのはとても重要ですね耳

普段の合奏ではちゃんと周りを聞いているつもりでも、気持ちが高まっているせいか録音を聴くと全然雰囲気が違ったり。。

少しでも修正を行って本番でベストな演奏ができるよう頑張りましょう!!!

合奏練習(7/27)

合奏練習
日時:7月27日(日)9:00~21:00
場所:文京区内施設
指導:未定
練習曲:コンクール課題曲、自由曲

合奏練習(7/26)

合奏練習
日時:7月26日(土)9:00~21:00
場所:白井市文化会館大ホール
指導:未定
練習曲:コンクール課題曲、自由曲

合宿(7/19-21)

合宿
日程:7月19日(土)~21日(祝)
場所:国立女性教育会館(ヌエック)  http://www.nwec.jp
指導:宮下先生
練習曲:コンクール課題曲、自由曲

合奏練習(7/13)

合奏練習
日時:7月13日(日)9:00~21:00
場所:文京区内施設
指導:未定
練習曲:課題曲 他

自主練習(7/12)

自主練習
日時:7月12日(土) 13:00~17:00
場所:堀切地区センター

合奏練習(7/6)

合奏練習
日時:7月6日(日) 13:00~17:30
場所:文京区内施設
指導:未定
練習曲:課題曲 他

合奏練習(7/5)

合奏練習
日時:7月5日(土) 13:00~17:30
場所:堀切地区センター
指導:宮下先生
練習曲:課題曲 他

土曜練習開始!

今週からついに土日の練習が始まりましたdouble exclamation

この日はいつも使わせていただいている茗台中学が使用できなかったため久々に葛飾区の堀切地区センターでの練習となりました目

午前中は自主練ののち、午後は基礎合奏、マーチの練習を行い、夕方から晩までは宮下先生による合奏となりました。

宮下先生の合奏では主にマーチとトゥーランドットを合わせましたるんるん (音符)

本日のポイントは…

<マーチ>

・Aの1小節前にピークをもってくる

・B5小節目フォルテの箇所は音量をきっちり出す

<トゥーランドット>

・E1小節目16分の頭を溜めてレガート気味に吹く

・E9小節目 フルート出だし遅れずにはっきり出る。

・フルートソはロピークの箇所を引っ張り過ぎない。きちんとデクレッシェンドをする

気づけばコンクールまであと1か月きりました冷や汗2 (顔)

最後まで悔いのない練習をしましょう!!!

良い演奏は、課題をクリアしてこそ!

 

こんにちは。日々暑さが増していきますね~…。冷や汗2 (顔)

水分補給が欠かせない時期に本格突入といった感じでしょうか?

 

6月最後の練習は宮下先生による合奏。

筆者はいつも宮下先生から繰り出されるギャグで笑ってしまいます(笑)

「みんなちょっとはリアクションしてよ!」と我々よく言われますが…

大丈夫。面白いですよ、先生(^皿^)ぴかぴか (新しい) ぴかぴか (新しい)

 

余談からになりました、すみませんm(_ _)m

 

本題に戻りまして、今回の練習ではハーモニーを丁寧に確認。

自分が根音・五音・三音のどれなのか、このハーモニーは○durなのか

基礎練から言われましたね…。

自分の役割をきちんと理解して、常に演奏していきましょう。

特にTURANDOTのハーモニーは複雑ですが根気よく!ですね!

 

合奏って、難しいけど面白いですよね。

 

色んな楽器に色んな役割があって、それがひとつになる。

「個人」の音がその「バンド」の音になる。

バンドの「音」がバンドの「音楽」になる。

 

50人もいたら、そりゃ難しいですよね。意見も感性もさまざまなのですから。

でも、時間をかけて協力してより良い音楽を作り上げられたら楽しいですよね。

 

コンクールはその手間暇かけて作り上げた音楽を披露する・競う場です。

出場したことのある方なら共感して頂けるであろう、あの独特の雰囲気・緊張感。

一種の吹奏楽あるある?猫2 (笑)

 

それすらも味方につけて、本番は良い演奏をしたいですね。

我々TWHOはもちろん、他団体の皆様も。

 

ま、その前に課題は山積みなわけですから…れんしゅーれんしゅー!

良い演奏は、課題をクリアしてこそ生まれる★

ってことで、残り1ヶ月全力で駆け抜けます!

準備が大事

6/22(日)の練習は久しぶりに団員のみの練習でした。

 

まずは「Daily Warm Up」を使った基礎合奏。

今日、特に注意したことは、「音を出す前の準備」ひらめき

 

半拍で息を吸って、半拍でアンブシュアの準備、拍の頭からまっすぐ音を出す。

 

なんだか今日はいつもより出だしが揃っているような?

始めはそんな気がしましたが、練習を続けているうちに音程やら、テンポやら、音のつながりやら、考えることがいっぱいあってついつい忘れてしまっているときが。。。

練習中、何回もTさんから「半拍前の準備忘れないように!」との注意が飛びましたがまん顔

 

音を出す前の口の準備は、当たり前にできるようになるまでは意識して注意しないとダメですね。。。

 

 

さて、基礎合奏の後は課題曲、自由曲を通した後、木管、金管に分かれて分奏を行いました。

分奏って久しぶりですね!

分奏だと、人数が少なく、同じ動きを行っているパートの音がよく聞こえるので、細かいところが見えて勉強になりますほっとした顔

音程や、表現など、ちょっとずつ確認していきました。

 

他のパートが何をやっているのか、自分と同じ動きをしているのはどこか、確認して合奏中それに合わせるようにしよう! ということで、今回、全員に課題曲、自由曲のスコアが配られました~ムード

 

せっかくのスコア、どんどん活用して、あと1か月ちょっとがんばりましょうパンチ

 

合奏練習(6/29)

合奏練習
日時:6月29日(日) 13:00~17:30
場所:文京区内施設
指導:未定
練習曲:課題曲 他

合奏練習(6/22)

合奏練習
日時:6月22日(日) 13:00~17:30
場所:文京区内施設
指導:未定
練習曲:課題曲 他

合奏練習(6/15)

合奏練習
日時:6月15日(日) 13:00~17:30
場所:文京区内施設
指導:未定
練習曲:課題曲 他

合奏練習(6/8)

合奏練習
日時:6月8日(日) 13:00~17:30
場所:文京区内施設
指導:未定
練習曲:課題曲 他

合奏練習(6/1)

合奏練習
日時:6月1日(日) 13:00~17:30
場所:文京区内施設
指導:未定
練習曲:課題曲 他

バランス

 

こんにちは。ブログ担当の渡邊です。

 

梅雨入りして、じめじめした嫌な日が続いていますね。

8日(日)の練習は宮下先生のご指導の下、元気に行われましたグッド (上向き矢印)

 

基礎練習として、いつも通り「Daily Warm Up」から始まりました。

今までは木管楽器がAグループ(前半に吹く)、金管楽器がBグループ(後半に吹く)でしたが、

今回は各パート内でグループ分けを行いました。

個人的には、より周りの音を意識できたのではないかと思います。

ただ指摘にもあったように、普段あまり使わない音や苦手としている音は、

どうしても音程が悪かったり、処理が雑になってしまったりしているので、

各々が特に気をつけなければいけないと思いました。

そんな時はチューナー大先生の力をお借りするのもいいですねわーい (嬉しい顔)

 

今回の練習で課題曲、自由曲ともに一番に指摘をいただいたことは「バランス」です。

パート内、セクション内、全体としてといろいろですが、

探るような音を出していたり、逆に個人が主張する音を出していたりでは

ハーモニーとして良いバランスが生まれません…難しいです…あせあせ (飛び散る汗)

バランスはどうしても複数人いる練習でしか分からないことなので、

ひとつひとつの合奏を大事にしようと改めて感じました。

 

6月も中盤、コンクールまで少しずつ近付いています。

雨にも負けず、暑さにも負けず、頑張っていきましょうパンチ

 

 

音程、音程、音程~!

 

6月に入り、急に蒸し暑さが増してきましたね。晴れ

コンクールまで残り2ヶ月、早くも暑さに負けそうですが踏ん張り時です。

 

6/1(日)の練習は、名木先生の指導による課題曲・自由曲の合奏。

 

今回はとにかく音程、音程、音程!

課題曲の冒頭しかり、中間部しかり…コードを確認して合わせての繰り返し。

自分が根音・五音・三音のどれに該当するのか、きちんと理解することが大切ですね。

 

誰よりも音程を合せるのにダントツで優れているご存知”チューナーくん”の

力を借りながら(by名木先生 笑)確実に合わせていきたいものです。猫2

 

 

チューナーくんに頼るのももちろんですが、仲間の音をもっと聞き合う必要がありますね。

 

1stだろうと2ndだろうと、管楽器だろうと打楽器だろうとみんな大切な仲間です。

コンクールに臨む仲間達ひとりひとりの音を聞き合い、寄せ合い、一曲を作り上げる。

それってすごく大変だけれど、達成感もひとしおだと思いませんか?笑

 

それ、やってみませんか?笑

是非やってみましょう!是非やりましょう♪

 

 

まだまだ各パートに課題は山積みです。

音程だけではなく、前々から言われているテンポ感、音の処理…その他もろもろ。

残り2ヶ月、とりあえず私は必死で自分の音を磨き上げたいと思います。笑

 

課題も山積みだけど、ビアガーデンなんて楽しみも待っている!★[

お酒も音楽も大好きTWHOとっくり (おちょこ付き) 笑顔いっぱいでまだまだ頑張ります!!

コンクールの目標は?

今週の練習は、団員のみでの練習でした。

Tさんの指導のもと、まずは基礎合奏でするんるん (音符)

もうおなじみになってきた、名木先生作のDaily Warm Upを使ってスラーやタンギング、息の使い方の練習を行いました。

頭からまっすぐ音を出す、などいつも言われているのですが今日も指摘がありました。

指摘されると良くなるのですけどね。。 冷や汗 (顔)

始めからできるようになるのが課題です。

 

次はコンクール課題曲、自由曲ムード

 

課題曲は最近メトロノームを使って練習しています。

名木先生も前回おっしゃっていましたが、この曲はテンポ通りにきっちりあわせることが大切ひらめき

まだ、だんだん遅れてしまったり、八分音符が続くところで転んだり、きっちりテンポにはまっていません。 曲を吹いている間、常に頭の中で八分音符を刻むことを忘れないようにしないと!

 

自由曲トゥーランドットは、曲の進行をいろいろ変更しているので、譜面を追うのが複雑なんです。。

この先、曲を通しての練習も行っていくので、早めに切り貼りするなど楽譜を整えて合奏に望みましょう!

 

進行もさることながら、曲自体も難しい!がまん顔

早く表現をつけていく段階に行けるようがんばりましょう!

 

 

練習後は、年次総会を行いました。

年間行事と会計報告の他、係決めのこと、コンクールに向けての目標の話しなどなど。

コンクールに向けての目標は、なんとなくの意思統一となりましたが、良い音楽をつくろうというのは皆思っていることなので、まずは練習中に出された課題をこなせるようにがんばっていきましょう!

マーチ!!

本日は名木先生による合奏でしたるんるん (音符)

名木先生直伝のDaily Warm Upを使っての基礎合奏を行った後、課題曲のマーチをみっちり見て頂きましたわーい (嬉しい顔)

 

以下おさらい

★基礎合奏

・ブロウ・アップ&ダウン

指の動かしで音が切れないようにボケーっとした顔

ロングトーンのように楽器をしっかり鳴らして

・クロマティックスケール

息をまっすぐに保って、タテ乗りをしてフレーズを止めないように。

雰囲気を変えて4連符や6連符やほかのアーティキュレーションを試してクセがつかないようにする。

 

★コンサートマーチ「青葉の街で」

・マーチの命テンポキープのお話がありました!

テンポがずれる原因は音符、休符の音の長さの感じ方によるもの、だそうです目

四分音符であったり、八分休符など音価をきちんと感じて次の音を出すようにしましょう。

 

・また、冒頭の箇所やGの箇所などは1小節ごとに和音が変化するので、響きを大切に演奏しましょうチャペル

 

5月も中旬で過ごしやすい季節になりましたね。

クラリネットとトランペットに入団者が入りまた一段とにぎやかになりましたぴかぴか (新しい)

このまま夏に向けて突っ走りましょうダッシュ (走り出すさま)

コンクールまであと10回!

本日は宮下先生による合奏でした。
掲題の通りコンクールまで合宿を除いてあと練習は10回exclamation ということで意を引き締めての練習となりました。

以下本日のおさらい

★基礎練習

・タンギング:2連符と3連符のリズムをそれぞれ的確に、ブレずに発音できるようにしましょう

・クロマティックスケール:タンギングの際にも音がデコボコにならず、ロングトーンの時のように音量や音色がまっすぐ変わらずでるようにしましょう

★コンサートマーチ「青葉の街で」

・毎回練習の際にはメトロノームをつけて、テンポに厳格に演奏ができるようにしましょう

・冒頭の箇所は同じようなフレーズの繰り返しで毎回2拍目が弱くならないようにしましょう

・Aのメロディは後押しにならずに表情を出すように

いかにテンポに乗って演奏するかが明暗をわけそうですね目

★トゥーランドット

・冒頭は和音の変化を意識して特にmajor→minorに移り変わるところでがらりと雰囲気を変えましょう

・Eの箇所は音が開いたり後押しにならずにメロディをどんどん前に進めるイメージで

・Hの箇所はベースをよく聞いて和音を組み立てる。

マーチとうって変わり和音をひたすらさらう練習となりました。。大事だとはわかりつつも個人的にはきつかったですボケーっとした顔

 

ところでこの日は嬉しいことに入団決定の方が1名、見学に2名の方がきてくださいましたぴかぴか (新しい)

また、副団長が新たに3名決定いたしました指でOK

年度も変わり早1ヶ月が経ち、当団も色々と動きがありますね。

これを勢いに替えてコンクールまで突っ走っていきましょうウッシッシ (顔)

合奏練習(5/25)

合奏練習
日時:5月25日(日) 13:00~17:30
場所:文京区内施設
指導:未定
練習曲:課題曲 他

合奏練習(5/18)

合奏練習
日時:5月18日(日) 13:00~17:30
場所:文京区内施設
指導:未定
練習曲:課題曲 他

合奏練習(5/11)

合奏練習
日時:5月11日(日) 13:00~17:30
場所:文京区内施設
指導:未定
練習曲:課題曲 他

合奏練習(5/6)

合奏練習
日時:5月6日(火) 13:00~17:30
場所:文京区内施設
指導:未定
練習曲:課題曲 他

プッチーニ最後の傑作!

世間はGW! でもTWHOはコンクールに向けて練習がんばっていますdouble exclamation

 

本日は名木先生に来ていただき、コンクール課題曲・自由曲の合奏を行いました。

 

そして、今日はなんと、名木先生の教えている中学・高校の卒業生6名が見学に来てくれました~わーい (嬉しい顔)

みんな若いぴかぴか (新しい)

高齢化の進んでいるパートもあるので、皆さんぜひとも入団していただけると嬉しいです~目がハート (顔)

 

さてさて、コンクール自由曲は「トゥーランドット」

ジャコモ・プッチーニ作曲のオペラ。ドラマチックなメロディーが素敵でするんるん (音符)

どんな場面なのか、思い描きながら演奏したらもっと楽しく、良い演奏ができると思います。

 

ということで、あらすじを。

 

【第1幕】

時は伝説の時代、舞台は中国の北京、紫禁城前の広場。絶世の美女でしたが氷のように冷たい心を持つ皇帝の娘トゥーランドット姫は、「3つの謎を解いた者を夫として迎えるが、その謎を解けなかった者は斬首の刑」としていました。この日もまた犠牲者が出て、広場では群衆が刑の執行を待ち異様な興奮に包まれています。

その混乱した広場で、ダッタンの元国王で放浪の身だったティムールと、生き別れになっていたその息子カラフが再会します。しかしそれも束の間、カラフは斬首の命令を下すために姿を現したトゥーランドットを一目見ると、その美しさに魅せられ、謎解きに挑戦すると言い出したのです。ティムールに仕えていた女奴隷リューは、ひそかに王子カラフを慕っており、謎が解けなければ彼は命を取られ、そして老いた彼の父も取り残されてしまうと泣き崩れました。しかしカラフの決意は堅く、謎解きに挑戦することになりました。

 

【第2幕】

謎解きの儀式の準備が整い、トゥーランドットが姿を現し、カラフへの3つの謎解きが始まります。

一、毎夜に心によみがえるのは? ………「希望」

二、燃え上がるが火ではないのは? ……「血潮」

三、火をつける氷とは? …………………「トゥーランドット」

カラフは見事に3つの謎を解いたのですが、動揺したトゥーランドットは彼の妻となることを拒みます。そこでカラフは「夜明けまでに私の名を明らかにできたら、命を捧げよう」と逆に謎を出したのでした。

 

【第3幕】

トゥーランドットから「夜明けまでにあの見知らぬ者の名がわかるまで北京では誰も寝てはならぬ」と命令が下され、群衆は血眼になって調べ始めます。そしてカラフと話をしていたとして捕まったのはティムールとリュー。リューは自分だけが彼の名前を知っていると言い、拷問にかけられます。しかし、口を割りません。トゥーランドットに「なぜそんなに耐えるのか」と問われ、リューは「それは愛の力」と言って短剣で自ら胸を刺し自害して果てます。

群衆が去り、カラフとトゥーランドットが二人きりになったとき、カラフは拒もうとする彼女にキスをします。そして自らの名を明かしたのです。夜が明けて、群衆の前でトゥーランドットは彼の名がわかったと勝利を宣言しながらも、「彼の名は『愛』」と叫び、二人は結ばれたのでした。

(引用:「わかる!オペラ情報館」 http://www.geocities.jp/wakaru_opera/index.html

 

有名な「誰も寝てはならぬ」は勝利への思いとトゥーランドット姫への愛を熱烈に歌い上げるカラフのアリアなんですね。

 

ちょっとはイメージわきましたでしょうか?

豪華絢爛なオペラもぜひ見てみたいですね~。

 

ページのトップへ