団員募集にあたり

 

東京ウインドハーモニーオーケストラへようこそ。

当団では「長期ブランク者から上級者までが協力して上達できる」をコンセプトに、
吹奏楽をやりたいすべての人に対して等しく活動の機会と場所を作ることを目的として有志が集まってできました。
楽団へ参加される方は吹奏楽をやりたいという意思と楽団のルールの遵守という約束さえして頂ければ、
できる限り経験年数などに関係なく音楽を楽しめる楽団にしたいと思っています。
「誰でも」と言われてもなかなかピンとこないかもしれません。
当楽団で募集しているのは具体的には以下のような方々です。

 
【楽器の指導が可能な方】
・各楽器に十分な知識と経験をもっていて、ブランク者を指導できる方
(音大生/音楽専門学校生、またはそのOBなど)

【経験者】
・引越しや卒業などで新しい音楽活動の場を探している方。
・所属しているバンドと別の形で音楽を楽しみたい方。

【ブランク者】
・かつて楽器を吹いていた(たとえば中学・高校などで)がその後楽器から遠ざかっていた方。
 

とりわけ他のメンバーの指導をできる経験をもった方はこの団には必須です。
しかし、まだこういったことができる団員は数少ないのが現状です。
音大、音楽専門学校、スクールバンドなどでの経験がある方にも積極的に参加していただきたいと思っています。

さて、当楽団へ入団して頂いた方には注意していただきたい点があります。
それは、「合奏や練習のレベルに必ずしもついていけないことがあること」です。

合奏などは当然難しい曲を練習することもありますし、
すべてを一人の人の進度に合わせられない以上、合奏の進度についていけないこともあります。
楽器を吹く側としては、合奏についていけないのはつらいことかもしれません。
しかし多少ついていけなくても、吹ける人の傍で自分のできる範囲内でできることをやっていくほうが
必ず上達は早いのです。
多少、つらいと思っても悲観しないでください。
長い目で余裕をもって吹いていく、吹けないところは吹ける人にまかせる、
練習して少しずつ吹けるようにしていき、たとえそれが本番に間に合わなかったとしても、
その練習を次の本番につなげる、それくらいのマインドセットが、
とりわけ社会人として忙しい中で楽器を上達していく秘訣だと思います。

 
この楽団の活動の鍵はいかに「上達」していくか?です。
ただ楽器を吹ければよいというものではありません。
社会人としてそれぞれが忙しい生活の中で、
音楽の楽しさと自分達へのシビアさをいかに両立していくかが大切です。
 

私たちは自分達の音楽をする環境が少しでも良いものになるように日々努力しています。
ですから、当団に入団される方には、ただ楽器を吹くだけでなく、
楽団作りにも積極的に参加していただきたいと考えています。
積極的であることに経験も年齢も関係ありません。
自分ができる範囲内のことを精一杯やっていただければそれで良いと考えます。

音楽をやる喜びとともに、形のなかったものを自分達で作り上げていく喜びを私たちと一緒に感じてみませんか?
あなたの”東京ウインドハーモニーオーケストラ”への入団をお待ちしています。
 

ページのトップへ